2015年10月13日

改正社会福祉法における法人経営への影響《終了しました。》

平成27年2月に厚生労働省社会保障審議会が示した「社会福祉法人制度改革について」に基づき、同年4月に社会福祉法の一部改正案が国会に提出されました。今国会での成立は見送りになったものの、年度内成立の方向で審議されています。今回の法律の改正・施行によって◆経営組織のガバナンス強化、◆事業運営の透明性の向上、◆財務規律の強化―など、大きな改革を求められることとなります。特に一定規模以上の法人への会計監査人の設置義務や、評議員会の設置義務等、組織運営への影響は大きいものと考えられます。本セミナーでは、社会福祉制度改革の概要と法改正について解説致します。
是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

 

日時:

平成27年11月10日(火) 13:30~15:30
(13:00 受付開始)

会場: 税理士法人 諸井会計 内
講師:

税理士法人 諸井会計
MMPG 認定医療福祉介護マスター    八田 由利子

内容: 改正社会福祉法への対応
~社会福祉制度改革の概要及び改正法案の解説及び対策~
参加料:

一法人様 2,000円(消費税込み)
※諸井会計のクライアント様におかれましては、参加費無料です。
※参加料につきましては、お申込みと同時に指定口座にお振込み下さい。
恐れ入りますが、お振込み手数料はご負担下さい。

お問い合わせ先:

税理士法人 諸井会計
担当:秀嶋

お申し込み方法: お申込みの方は、FAXにてお願い致します。
Fax 0952-22-2888
こちらをクリックして下さい。
申込み期限: 平成27年10月30日(金)

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">