公会計制度整備

2010年1月 8日

公会計制度整備

地方公共団体のための「地方公会計制度」導入支援サービス
~正確で分かりやすい情報の提供を目指して~

 

平成19年10月17日、「新地方公会計制度実務研究会報告書」が公表され、各地方公共団体では“複式簿記”“発生主義”の考え方を取り入れた新しい地方公会計モデルに基づく財務書類の作成に取り組むことが要請されています(*)。
(*)総務省では、「簡素で効率的な政府を実現するための行政改革の推進に関する法律」第62条2項に基づき、貸借対照表などの財務書類の整備に関して情報の提供及び助言を行っており、全ての地方公共団体に対し、平成21年度中に新地方公会計モデル(基準モデル及び総務省方式改訂モデル)を用いた連結財務書類(平成20年度版財務書類)の作成を要請しているところです。
・・・・・平成21年6月4日付総務省報道資料
「地方公共団体の平成19年度版財務書類の作成状況等」より

 

「資産/債務改革」にも活用が期待されている新公会計モデルを用いた財務書類ですが、その作成にとって極めて重要なのが「固定資産台帳の整備」です。また、折角作った財務書類だけれど「活用方法がわからない」、あるいは「効果的な活用方法を教えて欲しい」といった声も聞かれます。
諸井会計では、固定資産台帳をはじめ新しい財務4表の整備手順から活用に至るまでをトータルでサポートさせていただくとともに、その具体的な活用方法なども併せてご紹介いたします。

 

専門家が新制度導入をしっかりサポートします
●勉強会・セミナーの開催

平成19年10月公表の「新地方公会計制度実務研究会報告書」をベースに、最新情報も織り交ぜた各種勉強会やセミナーを開催します。

【勉強会・セミナーのテーマ例】
・「複式簿記・発生主義」の概要、仕訳、引当金・未収金・未払金等について
・固定資産の評価方法について
・開始貸借対照表の作成について
・「基準モデル」と「総務省方式改訂モデル」の違いについて
・財務4表の見方(内容分析と今後の施策への反映等)について
など

 ●事例紹介 全国各自治体での先進的な取り組みをご紹介します 
 ●財務書類作成支援 単式簿記から複式簿記への変換ソフト(*)を使い、データ入力から連結財務諸表作成までの一連の作業を支援します。また、固定資産台帳整備や固定資産評価の支援も行います。
(*)変換ソフトは弊法人の協力会社から提供されます。 
●関連団体の会計処理  連結対象となる独立行政法人や第三セクター等の会計処理を支援します。 
●自治体経営改革の各種コンサルティング 資産・債務改革を踏まえた各種コンサルティングを行います。

【例】
1.関連団体の再生化(再生計画の策定と実行支援)
2.資産売却の計画策定と実施支援
3.資産の流動化コンサルティング
4.事業別行政コスト計算の実施
5.事業の効率運営サポート
など
 

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">