おすすめの本の紹介

会社にお金が残らない本当の理由 94%の社長は知らない経営の話

img0033.jpg中小企業がシステムを知らないことでいかに損をしているかを書いた本。そして、逆にシステムを利用して中小企業のお金の残す方法についても書いている。

著者: 岡本吏郎

出版社:フォレスト出版
サイズ:単行本 / 252p
発行年月: 2003年 12月
本体価格:1,500円 (税込:1,575円)

「原因」と「結果」の法則(3) 困難を超えて

img0032.jpg多くの読者を魅了してやまない哲学者が、人間が抱く永遠の難題を、誰にでもわかりやすく解き明かします…!
ジェームズ・アレン哲学の真骨頂!
「原因をもたずに発生する物事は何ひとつありません。
発生することのすべてが、
そうなるための正当な理由をもっています」

著者: ジェームズ・アレン /坂本貢一

出版社:サンマーク出版
サイズ:単行本 / 215p
発行年月: 2004年 04月
本体価格:1,600円 (税込:1,680円)

勝つためにリーダーは何をなすべきか

img0005.jpg「孫子」「韓非子」「孟子」「老子」「史記」「十八史略」「三国志」…。中国古典には現代に十分通用する戦略・戦術のすべてが詰まっている。ますます混迷する現代において経営者は何をなすべきか?中国古典を元にその条件を探る。

著者:守屋 洋
出版社:PHP研究所
発行年月: 2003年 11月
本体価格:1,600円 (税込:1,680円)

【目次】
第1章 先見力を磨く/第2章 戦略を立てる/第3章 決断を誤らない/第4章 逆境を乗り切る/第5章 志を全うする/第6章 過失を遠ざける

虚妄の成果主義

img0008.jpg

揺れるトップ、悩める人事、落ち込む社員におくる、学問的立場から初の「成果主義」紛糾の書。著者は最新の定説を踏まえながら、様々な企業現場でのエピソードもまじえつつ「日本型年功制」が現場の実態や感覚からして、いかに素晴らしいものであるかを説いている。

著者:高橋伸夫
出版社:日経BP社/日経BP出版センター
発行年月: 2004年 01月
本体価格:1,600円 (税込:1,680円)

【目次】
第 1章 日本型年功制のどこが悪いというのか(成果主義の赤裸々な実像/日本型の「年功制」とは ほか)/第2章 日本的経営の評価をめぐる右往左往(けじ めはつけておかねばならない/いい加減に懲りるべきではないか? ほか)/第3章 人が働く理由を知っていますか?(仕事への思いを解剖する/自発性は信 用しうるか ほか)/第4章 未来の持つ力を引き出す(今何が本当に必要なのだろう/「見通し」が与える活力 ほか)

 

トヨタ流自己改善力

img0006.jpg「トヨタ生産方式」が注目されている。著者は、トヨタの強さは技術力やノウハウでなく、人を育て、人の智恵を活かしたモノづくりにあると説く。トヨタ生産方式を実践している人たちが、具体的にどのようなものの見方、考え方、行動の仕方をしているかをまとめられている。

著者:若松義人
出版社:経済界
発行年月: 2004年 01月
本体価格:1,600円 (税込:1,680円)

【目次】
第1章 「考え方」を改善せよ/第2章 すぐやれ、少しずつやれ/第3章 「できる」と結論せよ/第4章 仕事に「常識」はない/第5章 「誰のためか」を確定せよ/第6章 とことん「善意」でやれ/第7章 「成功地図」を描こう

«     1  |  2  |  3  |  4  |  5  |  6  |  7  |  8  |  9  |  10  |  11  |  12  |  13  |  14  |  15  |  16  |  17  |  18  |  19  |  20  |  21  |  22  |  23  |  24  |  25  |  26  | All pages

<__trans phrase="run-periodic-tasks script is running...">